派遣元責任者講習(スケジュール等)

当センターは、厚生労働大臣の確認を得て派遣元責任者講習を開催しています(派遣元責任者講習実施機関を定めた平成27年9月厚生労働省告示第392号参照)。この派遣元責任者講習は、労働者派遣法により選任を義務づけられている派遣元責任者の方などに、法の趣旨、職務内容、必要な事務手続等の労働者派遣事業に関する知識等を習得していただくことにより、その事業の発展と適正な運営に資することを目的としています。

 

1 受講対象者

派遣元責任者講習は、以下の方を対象として実施します(厚生労働省職業安定局編「労働者派遣事業関係業務取扱要領(以下「取扱要領」といいます。)の第14・2・(3)参照)

派遣元事業主又は労働者派遣事業を行おうとする者により派遣元責任者として選任されることが予定されている方
派遣元事業主又は労働者派遣事業を行おうとする者により派遣元責任者に選任されている方

 

* 労働行政機関では、派遣元責任者として選任された後においても、労働者派遣事業に関する知識、理解を一定の水準に保っていただくため、派遣元責任者として在任中は3年ごとに「派遣元責任者講習」を受講するよう指導しています(取扱要領の第7・16・(2)・ハ参照)
また、このような労働行政機関による指導とは別に、労働者派遣事業の許可申請又は更新申請を行う場合には、下図のとおり、申請の受理の日前3年以内に「派遣元責任者講習」を受講した方を派遣元責任者として選任していることが必須要件となっていますので、ご留意ください(許可基準のロ・(ロ)・a・(a)・⑨参照)

 

 

その他労働者派遣事業に関する一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする方

 

2 当センターにおける講習の特徴

(1) 講師陣と講義の進め方

 

講師陣については、講義課目に関する知識経験を有する者で構成しています(「講師紹介」をご参照ください。)。
また、講師による説明は、(2)の資料やテキストをもとに進めていきますが、重要な個所でご質問をいただくなどして、お分かりいたけないまま、一方通行で終わってしまわないように心がけております。

 

(2) テキスト・資料・受講証明書

 

◇ 派遣元責任者・派遣先責任者必携 労働者派遣法概説(第3版)

第一線で活躍しておられる多数の派遣元責任者の方からいただいた貴重なご意見を踏まえて編集しましたので、受講のときだけでなく、実務上でも手放せない価値ある一冊となることを確信しています。
その主な内容等は、次のとおりです。

  • 読みやすく、使いやすいようにA4版にしています。
  • 「I 基礎知識編」、「II 実務編」及び「III 罰則等編」の3編で構成しています。
  • 難解な条文や解説文を視覚的に理解していただくため、図、表等を数多く用いてわかりやすく解説しています。
  • 労働者派遣手続のために必要な書式(例)等を登載しています。

 

◇ 派遣元責任者講習(資料編)

 

最近の雇用・失業情勢の動向のほか、関係行政機関の指導監督実施状況など、講習の開催時期に応じて適宜必要な資料を用意させていただいております。

 

 

◇ 受講証明書

 

講習終了後、直ちに「派遣元責任者講習受講証明書」を手交します。

 

≪ 画像をクリックすると拡大します。 ≫

 

 

(3) 補講の実施等

 

単に、「受講していただく」ではなく、「理解していただく」との観点から、初めて受講された方などで講義内容を十分にご理解いただけなかった方(他の講習機関の講習を受講された方でも結構です。)のために、当センターの小会議室において毎週月曜日の13時から17時まで、和気藹々とした雰囲気の中で講師による問答形式の補講(何度でも、何時からでも利用でき、無料です。)を行っておりますので、ご利用ください。

ただし、小会議室のため一度に5人以内としますので、ご利用される方は、前の週にお電話ください。
なお、遠方におられる方などで、ご要望の資料やご質問がありましたら、遠慮なく、いつでもFAX又は電話でお寄せください。ご要望の資料は速やかに送付しますし、ご質問に対しては講師から直接回答をさせていただきます。

 

 

3 受講料

一律 6,000(テキスト代及び消費税を含みます。なお、受講料をお振込みいただいた後に、やむを得ない事由(天災事変による交通遮断、疾病、忌引き等)により講習にご出席できなくなった場合には、①日程変更と②全額返金(振込手数料はご負担いただきます。)のいずれかを選択することができます。)

(注) 「派遣先責任者講習の実施に関するガイドライン」において、「受講料については、特定の者に対し不当な差別的取扱いをしないようにすること」と記載されたこと、及び労働安全衛生法上の講習等については金額の多少にかかわらず、受講料に差を設けることが禁止されていることにかんがみ、当センターでは、派遣元責任者講習の受講者の方に対しても同様に、受講料に差を設けないで全員同額とさせていただいております。

 

 

4 開催スケジュール

開催日 開催地 開催場所 定員 受付状況
4月5日(金) 大阪府 大阪府立労働センター(京阪電鉄「天満橋駅」から右へ300m) 60人 終了
4月12日(金) 熊本県 熊本市国際交流会館(熊本交通センターから徒歩3分) 50人 終了
4月19日(金) 新潟県 新潟テルサ(JR新潟駅からバスで15分、無料駐車場600台完備) 60人 終了
4月22日(月) 愛知県 愛知県産業労働センター(JR名古屋駅から徒歩5分) 60人 終了
4月24日(水) 東京都 東京都中小企業会館銀座庁舎(東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩12分) 60人 終了
5月15日(水) 広島県 広島オフィスセンター(JR広島駅から徒歩7分) 40人 受付中
5月17日(金) 埼玉県 埼玉会館(JR浦和駅から徒歩7分) 60人 受付中
5月21日(火) 神奈川県 かながわ県民センター(JR横浜駅から徒歩5分) 50人 受付中
5月24日(金) 愛媛県 ブログレッソ パーク(伊予鉄横河原線「松山市駅」から徒歩1分) 50人 受付中
5月28日(火) 東京都 東京都中小企業会館銀座庁舎(東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩12分)g> 60人 受付中
6月7日(金) 静岡県 静岡労政会館(JR静岡駅から徒歩7分) 50人 受付中
6月13日(木) 長野県 JA長野ビル(JR長野駅から徒歩10分) 50人 受付中
6月19日(水) 東京都 東京都中小企業会館銀座庁舎(東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩12分) 60人 受付中
6月21日(金) 茨城県 茨城県立県民文化センター(JR水戸駅から徒歩16分) 50人 受付中
6月28日(金) 石川県 労済会館(JR金沢駅(西口)から徒歩7分) 50人 受付中
7月4日(木) 大阪府 大阪府立労働センター(京阪電鉄「天満橋駅」から右へ300m) 60人 受付中
7月5日(金) 神奈川県 かながわ県民センター(JR横浜駅から徒歩5分) 50人 受付中
7月19日(金) 愛知県 愛知県産業労働センター(JR名古屋駅から徒歩5分) 60人 受付中
7月26日(金) 東京都 東京都中小企業会館銀座庁舎(東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩12分) 60人 受付中
7月30日(火) 宮城県 仙台市中小企業活性化センター(仙台駅から徒歩2分) 50人 受付中
8月2日(金) 福岡県 エイムアテイン(JR博多駅博多口から徒歩2分) 60人 受付中
8月8日(木) 新潟県 新潟テルサ(JR新潟駅からバスで15分、無料駐車場600台完備) 60人 受付中
8月20日(火) 熊本県 熊本市国際交流会館(熊本交通センターから徒歩3分) 50人 受付中
8月23日(金) 沖縄県 沖縄産業支援センター(モノレール小禄駅下車徒歩15分、無料駐車場沢山有り) 50人 受付中
8月30日(金) 東京都 東京都中小企業会館銀座庁舎(東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩12分) 60人 受付中
9月3日(火) 石川県 石川県女性センター(金沢駅から徒歩15分) 60人 受付中
9月6日(金) 北海道 北海道中小企業会館(JR札幌駅から徒歩12分) 40人 受付中
9月12日(木) 広島県 広島オフィスセンター(JR広島駅から徒歩7分) 40人 受付中

(注) 「準備中」は、厚生労働省ホームページへの掲載予定のものです。

 

 

5 カリキュラム

講義時間 講義課目
9:30 ~ 11:40(2時間) 労働者派遣法 (途中休憩10分)
11:40 ~ 12:30 (昼食休憩50分)
12:30 ~ 15:00(2時間20分) 労働者派遣事業運営の状況及び派遣元責任者の職務上の留意点について
(途中休憩10分)
15:00 ~ 15:05 (休憩5分)
15:05 ~ 16:05(1時間) 労働基準法等の適用に関する特例等について
16:05 ~ 16:10 (休憩5分)
16:10 ~ 16:50(40分) 個人情報の保護の取扱いに係る労働者派遣法の遵守と公正な採用選考の推進について

(注) 講義時間及び講義課目は、厚生労働省職業安定局編「労働者派遣事業関係業務取扱要領」に基づくものです。なお、職業紹介責任者講習における「理解度確認試験」のようなものはありません。